なんにも変わらない

ジャニーズに目覚めたHey!Say!JUMPとA.B.C-Zを掛け持つアラサーのひとり言

ジョーダンバットが鳴っている 読了

地道に読み進めていた連載「ジョーダンバットが鳴っている」読了。

全26回、リアルタイムに連載を読んでいた人たちがたまらなくうらやましい。とっつーの、ファンを想う気持ちがテーマや文面に現れていたし、伊野尾さんから沼に落ちた身としてはこんなにも自分をさらけ出してくれるアイドルが居たのか!!と、衝撃を受けてもいる。

 

この「ジョーダンバットが鳴っている」は、戸塚さんのことをまだ全然知らないうちから読み始めた。わたしの「戸塚情報」のベースは、この連載。沼に落ちていくには絶好のタイミングだったと思う。記念すべき初回のタイトルが「スパイ大作戦」。

え?スパイ??ジャニーズにスパイとして入ったの?ジャニーズって大体お母さんとかお姉ちゃんが勝手に履歴書送っちゃうもんなんじゃないの?入所前から入所してからのエピソードをこんなに詳しく語ってくれるなんて涙もんだよ。くじけないでくれてありがとう、と本気で思った。

 

続いて第3回が「Mステ事件」。

事件?

気になりすぎるでしょう、なに事件って。ツッコミどころ満載だよ。当時の映像見たら、こりゃ事件と言われてもしょうがない代物だった。Mステなんて新規を獲得するための重要なツールのひとつでしょうから、当時のファンには衝撃映像となり、関係者には「ふざけてる」と思われてしまったんだろう。その真意を語る場があってよかった。

 

読めば読むほど、とっつーのことが知れる最強のエッセイ。

内容もさることながら、文章の構成、言い回し、句読点の使い方にも人柄が出る(大げさか←)。好きすぎて、すべてテキストに起こすという奇行にも走った。そこが生理的に受け付けなかったら、こんなにハマってなかったよ。どうしてくれる!

 

はあー、すき。(思い出し好き)

 

最終回で、文章を生み出すことを”戦い”と言い表すくらい大変な作業だったわけだけど、自分のことをテーマにして2年と少し、毎月本人が書いた文章を読めるというのはとても貴重なことだと思う。その端正なお顔で落としておいて、さらに活字好きな女子をも虜にしてしまうんだから、罪なやつです。

 

またいつか、彼が書く文章が読みたい。今度はリアルタイムで。

映画「ピーチガール」

伊野尾さん初出演、初主演の映画「ピーチガール

公開おめでとう!!!カイリが可愛くって愛おしくって、たまらないよ!リピートするから可愛いオフショット込みのBlu-ray買わせてくれえええ!!というのが今のところの感想。

 

わたしにとって、初めての自担の映画。伊野尾さんにとってもわたしにとっても初めてだから、どっきどきの公開だった。

ピーチガールが連載していた当時にマンガを読んでいた中学生のわたしは、カイリ派だったように思う。もうひとつ記憶していることといえばキスシーンの多さ。中学生にはなかなか強烈で、連載が終わった後は一度も読み返さなかったな← そんな遠い過去もあり、ピーチガールの実写化、カイリ役が伊野尾さん、今の時代にガングロギャルに間違われるももちゃん、どれも「うーん・・・」という感じで。正直そこまで期待ができなかったというのが本音。ビジュアルが公開されても、一部が公開になっても、ムビチケが出ても、ときめかないことへの悲しさったらもう。激務でげっそりしちゃうほど頑張って仕事して撮ってた映画だってわかってるのに。誤解を恐れずにいうと、キスシーンがどうしてもショックで、受け入れられなかったっていうのもある。見たくない伊野尾さんのプライベートを覗き見るようで。その気持ちは芸人たちとのキス芸で随分和らいだのはわたしだけではないだろう(と、勝手に思っている)。

 

もやもやした気持ちを拭えないまま、伊野尾担として最低限、と思い、初日初回上映のライブビューイングのチケットを取って、観に行った。

 

スクリーンに映るカイリを演じる伊野尾さんは、自由な伊野尾さんで、ストーリーにではなく、伊野尾さんが頑張っている姿にぐっときた。映像を見てから読み返すインタビュー記事は、最初に読んだ時とはまた違う印象を受けた。また何度でも読み返したい。

 

ピーチガール撮影を経て望んだ、「そして、誰もいなくなった」で、先に成長した姿を見れてたんだなあとおもうと、よくわかんないけど感慨深い。

 

いま、とにかく伊野尾さんが愛おしくってたまらない。君の可愛さが、かっこよさが、もっともっと世間に知れ渡ってほしい。

 

てことで、明日も見に行って来まっす!

ジョーダンバットが鳴っている

なるほど、戸塚さんは伊坂作品がお好きなのですね。

ジョーダンバットってどこかで聞き覚えが…と考えてまもなくぴんときた。「重力ピエロ」に出てくる兄弟の弟•春のとっておきのアイテム、ジョーダンバット。このバットのことだ。お守りの兄貴とジョーダンバットを手にして敵地に乗り込む春はかっこよかったなあ。本の中のさまざまな場面を思い出し、思いを巡らせていたら読みたくなってきた。

…いかん、伊坂作品の話ではない。話を本筋へ戻そう。そう、とっつーが2013.11〜2016.01までダヴィンチで連載していたエッセイ「ジョーダンバットが鳴っている」。ずいぶんなタイムトラベルを経て、2017.02の今、読み進めている真っ最中だ。

 

これまで、過去の連載を読むという経験がなく、どうしたらコンプリート出来るのか、非常に迷った。古本屋さんやあまぞんさまで購入するにも、26回にも渡る長編だ。書店員体験も含めたら27冊。オトナ買いも考えたが、2017年の出費を考えると厳しい。そもそも3年ほど前の雑誌が果たして揃えられるんだろうか。模索していたところに、これはアイドル誌じゃない、文芸誌だ…!と思い至った。ならば、図書館だ!生まれてこのかたうん十年もこの街に住んでいながらほとんど利用してこなかった図書館。今こそ活用すべきときだ。もちろん全て揃っている。ありがとう図書館、ありがとう我が街。という気持ちを胸に、読んでいる。

そもそもわたしは活字が好きだ。それも好きな人が書いているものとなれば、気持ちもひとしお。森博嗣然り、伊坂幸太郎然り。その中に今回、戸塚祥太が加わりました。文字起こし大好き芸人でもあるもので、第1回から起こしてるんだが、漢字の使い方があいまい。時ととき、とか、事とこと、とか。文字校がゆるいのか、言い回しも含めてとっつーにゆだねられていたのか。全く定かではないが、それもひっくるめて愛おしい。

まだまだ途中。しばらく楽しませてもらおう。

そして来月のダヴィンチにて何を語るのか、さらに期待していよう。

5人の星と出会った話

5人の星、すなわちA.B.C-Zだ。着々とジャニーズの深みにはまっていっている、28歳独身(先が見えない)。

 

Hey!Say!JUMP以外もさらっとチェックすることを心がけているんだけれど、A.B.C-Zもそのグループの中のひとつ。そのくらいの存在だったわけだ。わたしが遥か昔、小学生の頃にアイドル誌を買っていた時にもA.B.Cとして毎月載ってたグループだもの、懐古的な意味で気になってはいた。

ところでわたしのリア友でありにの担の友達の話をしよう。この子との出会いは某バンドの追っかけ時代だったから、早10年以上前に遡る。その頃から情報収集能力に長けていて、いつもいろんなことを教えてもらっていたのだ。ジャニーズに至っては、デビュー組のさわりくらいは満遍なく、オフィシャルなことからコンビ、シンメの面白いところだけをかいつまんで教えてくれる。この子のおかげでヲタに拍車がかかったと言っても過言ではない。その中で、幾度となく「とっつーは黙ってれば綺麗なお顔なんだけどな〜」と。そう、何度も。とっつーについては、奇行話をメインに聞いてたものだから、「確かに、黙ってれば」などと納得していた。一方で、熱心な読書家である一面を持ち、親近感も覚えていた。おなじ蠍座だし。(関係ない)

 

話を戻すと、えび沼に落ちるきっかけとなったのは、ツイッターで回って来たえびちゃんズーの催眠術の回。

 えっ?ジャニーズなのにティッシュが性感帯に!?はっ?!女性アナウンサーが裸に見えるだと?!と、驚きの連続。ずいぶんジャニーズらしからぬ企画!!!と会社の食堂で目を疑ったよ。Hey!Say!JUMP担としては、いたジャンの黒子企画に飽き飽きしていたところだったから、えび担がうらやましい…というのが最初の印象だったと思う。「やはりターゲット層の違いか…当然か…くそぅ…」と。

更に、ツイッターは新たな情報をもたらしてくれた。Reboot!!!を購入するとポスターお渡し会に参加できるってよ?!それは興味そそられるよね?!あの!ジャニタレ様に抽選もなく会えるってんだから!!てことで、軽率にCDを購入。Hey!Say!JUMPのノリで、初回盤どちらも買ってしまおうかとも思ったんだが、ここでガチハマりしたらまずいぞ、と微妙な自制心が働き、Reboot!!!anniversary盤のみ購入。ちなみにこの日は2/4。イベント前日の出来事である。DVD見て、心が揺れないかもしれないし、などと軽〜い気持ちで見始めた。ら、

 

え、とっつー、美しすぎない…?

 

ちゅどーん

 

ただ、沼に浸かるにはここまでではまだ情報不足です。さらに情報を収集、整理し、自分に落とし込む作業が必要です。イベントまで時間の許す限りDVDを見、まとめの戸塚祥太欄を読み漁りました。しかし失礼ながら、外に並んでる間はHey!Say!JUMPを聞いていました。(ここでも謎の自制心)中のホールに通されると、エンドレスMV!!!なんてこった!!!過去5年分のえびが観れるではないか!!しかもデビュー当時でもお顔が完成してる!!!なんてこった!!!!あのMVたちを3周は観たでしょうか…もはやあの大画面に映る美しいとっつーにこのあと会えるのかと思うとどきどきが止まらない…これって、もしかして…恋?(ばかなの?)実際に間近で見た戸塚祥太さまは、この世のものとは思えない尊さでしたよ、みなさま。。思わず手を握ってしまい剥がされてしまうくらいには。。ハア…(恍惚のため息)とっつーは黙ってても黙ってなくても、顔面凶器なほど美しかったよ、にの担。

 

あっという間にえびと言う名の沼に肩まで浸かったのでした。

ここから、はしとつエピソードや、Mステ事件(と呼ばれてるやつ)、ジョーダンバットが鳴っている、など、さらに情報収集に励むのだ。

そして、誰もいなくなった を終えて(追記)

伊野尾くん本人発信によって明かされた衝撃の事実があったので追記。

 

最初から結末を知っていたので、みんなにすごくいいたかった、我慢してほんとえらい。

(いのぺより)

 

 

うそだろー!

わたしたちは、最初から日下くんに騙されていたんでした。

そして、誰もいなくなった を終えて

「そして、誰もいなくなった」終了。全伊野尾担が震えたであろう、クライマックスだったように思う。

 

ドラマへの出演が決まったとき、「いま伊野尾くんキテるもんね」という感想が大半だった。キテるから、人気が出てきてるから。実際わたしもそう思ってた。演技の経験はあまりない中、人気シリーズや連ドラへの起用が決まって、テレビ局が取り合ってるなあというのが率直な感想。

 

でも、いい意味で大きく裏切られた。演技に圧倒された。Hey!Say!JUMPの伊野尾慧じゃなかった。

 

可愛らしく振る舞う反面、シリアスな雰囲気も醸し出していて。ああ、こんな一面もあるんだ。可愛いがウリのアイドルじゃなくて、26歳の男性なんだよなあって。

 

初回の放送で、どこかのビルの屋上で新一が犯人に脅されるシーン、伊野尾くんの声だって気づいてた人がたくさんいたと思う。ボイスチェンジャーなんかで変えても、こちとら毎週のラジオや大量の映像で聞き慣れとるんじゃ!という気持ちの反面、まさか伊野尾くんがそんな重要なポジションなわけ…ないよねえ…?という気持ちも拭えなくて。だってあの見切れアイドル!なんてまとめが出来ちゃうような子だよ?山田くんや裕翔みたいにグループの中核でセンターを担うような彼らならまだしも。

共同生活をしていく中で垣間見える日常の風景は可愛らしくて和むー、なんて思っていたら意味深な言動があったりして、作者や伊野尾くんの思うままに振り回されました。

あれよあれよというまにドラマが進み、え?、え?とオロオロしているうちに最終回を迎えた。

 

最終回の幕開けから手に汗握り、「うそだろ?」とつぶやきながら魅入っていた。

迫真に迫った演技を見せてくれた伊野尾くんに対して、すごい、というひとことで片付けちゃいけないと感じた。自分のボキャブラリーの無さを恨む。

狂気に満ちた表情や言い回しに、胸がぎゅっと苦しくなった。可愛らしさの中の猛毒。それが彼の魅力だと再確認した。(最初はそれが魅力的だと思って応援するようになったのに)

 

Hey!Say!JUMPでいるときは、ふざけたり適当なこと言って場を和ませてるけど、ほんとうはすっごく真面目なんだよね。演技に真剣に真っ正面から向き合って取り組んだんだと思う。カラフト伯父さんを思い出すという書き込みを見たけど、わたしは観てないからわかんないけど、そのときより格段に練習してきてると思う。成長が目に見えるって、嬉しいこと。努力してきてることを公に言ったりしないけど、努力のあとが見えるってすてき。

 

最後となったが、キャスティングをした方にお礼を言いたい。この、哀しさと愛おしさと狂気に満ち溢れた日下瑛治という役に伊野尾くんを当てはめてくれてありがとうございます。

 3か月間、自分なりの推理や予告でわくわくした平日、はらはらどきどきの日曜の夜をありがとう。

この気持ちを覚えておきたいから、書き留めておきたい。

 

彼にとっても、これまでとこれからの仕事の中でも、分岐点となりうる仕事になったんじゃないだろうか。

NEWS/フルスイング

NEWSのみなさま、遅ればせながら24時間テレビのメインパーソナリティおつかれさまでした。

ゴール直前に歌ったフルスイング、感動とか疲れとか達成感とかいろんなものが入り混じって最高だった。まっすーにもらい泣きし、鳥肌が立った。なんて素敵な曲なんだ、と思ったのが今年のMUSIC DAYでのパフォーマンス。

 

私の中のNEWSといえば、森内くんが抜けて、草野くんや内くんが抜けて、やまぴーと亮ちゃんが抜けて、とフライデーと脱退続きのグループ。なんていうか…この4人が残ったかー…というのが印象。

 

それ以降はイッテQの手越のイメージが強く(イケメンなのに三枚目みたいな←)キラッキラのアイドルやってるNEWSってのが全然イメージ出来なくて。

 

だんだん人数が減る中で、苦難の道を歩んできたんだなあ。全然知らなかった。

絶望の淵に立たされていた「自分のために歌ってた」フルスイングから、誰かの背中を押せる楽曲に歌い上げていったところに、NEWSたるものがうかがい知れる。

武道館で4人で歌えるのこと、本当に嬉しそうに見えた。全然知らないんだけどね、NEWS。笑

全然知らない他グループにすらこんなに思いを馳せてしまうのに、Hey!Say!JUMPが武道館で歌ってるのを見たら昇天してしまうな。

いつかまた、パーソナリティを務めさせてもらえることを祈って…