なんにも変わらない

ジャニーズに目覚めたHey!Say!JUMPとA.B.C-Zを掛け持つアラサーのひとり言

映画「ピーチガール」

伊野尾さん初出演、初主演の映画「ピーチガール

公開おめでとう!!!カイリが可愛くって愛おしくって、たまらないよ!リピートするから可愛いオフショット込みのBlu-ray買わせてくれえええ!!というのが今のところの感想。

 

わたしにとって、初めての自担の映画。伊野尾さんにとってもわたしにとっても初めてだから、どっきどきの公開だった。

ピーチガールが連載していた当時にマンガを読んでいた中学生のわたしは、カイリ派だったように思う。もうひとつ記憶していることといえばキスシーンの多さ。中学生にはなかなか強烈で、連載が終わった後は一度も読み返さなかったな← そんな遠い過去もあり、ピーチガールの実写化、カイリ役が伊野尾さん、今の時代にガングロギャルに間違われるももちゃん、どれも「うーん・・・」という感じで。正直そこまで期待ができなかったというのが本音。ビジュアルが公開されても、一部が公開になっても、ムビチケが出ても、ときめかないことへの悲しさったらもう。激務でげっそりしちゃうほど頑張って仕事して撮ってた映画だってわかってるのに。誤解を恐れずにいうと、キスシーンがどうしてもショックで、受け入れられなかったっていうのもある。見たくない伊野尾さんのプライベートを覗き見るようで。その気持ちは芸人たちとのキス芸で随分和らいだのはわたしだけではないだろう(と、勝手に思っている)。

 

もやもやした気持ちを拭えないまま、伊野尾担として最低限、と思い、初日初回上映のライブビューイングのチケットを取って、観に行った。

 

スクリーンに映るカイリを演じる伊野尾さんは、自由な伊野尾さんで、ストーリーにではなく、伊野尾さんが頑張っている姿にぐっときた。映像を見てから読み返すインタビュー記事は、最初に読んだ時とはまた違う印象を受けた。また何度でも読み返したい。

 

ピーチガール撮影を経て望んだ、「そして、誰もいなくなった」で、先に成長した姿を見れてたんだなあとおもうと、よくわかんないけど感慨深い。

 

いま、とにかく伊野尾さんが愛おしくってたまらない。君の可愛さが、かっこよさが、もっともっと世間に知れ渡ってほしい。

 

てことで、明日も見に行って来まっす!